認知症の人を理解する~その人の人権を守るために~

10月28日(日)に千曲市稲荷山の荒町区へ千曲市人権教育研修会の講師としてお伺いしました。会場の荒町区公民館は、高速道の更埴インターチェンジをおりて千曲市屋代方面に向かい、千曲川にかかる大きな粟佐橋を渡るとまもなくのところにあります。千曲市は人権教育にとても熱心で、毎年講師としてお伺いしている地域です。荒町区の住民であり、今回の人権研修会を担当された人権教育推進員の久保さんにお話をお伺いすると、千曲市稲荷山は荒町区を含め6つの区があり、それぞれの区で年に1~2回は人権研修会が行われているとのことです。荒町区は千曲市でも小規模な区だと語っておられましたが、それでも200世帯ほどあるとのことです。この日は約30名ほどの方々が早くから足を運んでくださいました。

1そのほとんどの方が顔見知らしく、開始前にはお隣同士で話がはずみとてもアットホームな地域だと感じました。冒頭田中代表が、「今日は人権研修ですので、認知症になった人にどの様につき合えばいいのかを知る機会にしてほしい」と述べると、みな先ほどまでの和気あいあいとした雰囲気とは違って真剣な表情で話を聞いていました。

 

2

最期の質疑応答では、地元の方が「地域の皆さんには、認知症の予防のためにもぜひともボランティア活動をしてほしいと」意見を述べる場面もあり、それに対し田中代表も「誰かのために何かをすることは、相手を理解すことが求められるのでとてもエネルギーが必要です。その意味では脳がとても活性化され認知症予防にもつながるのではないか」と答えていました。

3

荒町区の皆さまありがとうございました。