グループもみじ法人会誌第57号発行!!

いよいよ師走も残すところあとわずかになってきました。
12月に入ってからは寒い日が続いていますが、
皆さまいかがお過ごしでしょうか?
グループもみじ法人会誌57号
をお届けします。
それぞれの宅老所の7月、8月、9月の様子や 宅老所さくらの
まき子さんの106歳のお誕生会の様子などを 載せてます。
この年末年始にゆっくりともみじ会誌をご覧下さい。   imagesZN7HP6HV

法人会誌57号

会誌   images235L2VV3

グループもみじは今年も多くの方に支えられての1年でした。
皆さまには心より感謝申し上げます。
来年も、一層のサービス向上をめざし邁進していく 所存ですので、 どうぞよろしくお願い致します。

NNNドキュメントにて放送決定!

以前お知らせいたしましたテレビ放送の詳細が
下記の通り決定しました。
深夜の放送ではありますが、グループもみじの認知症ケアの姿を
是非大勢の方に見ていただきたいと 思います。

♦放送日時 1月 7日(日)深夜24:55~
日本テレビ NNNドキュメント
♦再放送  1月14日(日)AM11:00~
BS日テレ
宅老所の人びと~認知症と共に生きる~」(仮)

tv

メディアから見た 《宅老所の人びと》

去る10月28日(土)テレビ信州にてグループもみじの認知症のケア「宅老所の人びと~認知症と共に生きる~」
が紹介されました。テレビ信州がグループもみじの取材をはじめて
約1年になりますが、その集大成として、宅老所みんなのあもり、宅老所さくら、夕やけ小やけ、それぞれの日常と一人一人への向き合い方を通して認知症の人の真実を紹介しています。
番組の中で田中理事長が、
認知症人々は「今」がすべて、だからこそ「今」そのときを最大限に生きるための手助けをしていきたい。そして、「あなたの最期を見届けたい」と、マキ子さんにも語っています。

ご協力いただきましたみなさま、ありがとうございました。

宅老所みんなのあもり
12 11

宅老所さくら
13 4

夕やけ小やけ
15

そのテレビを見ての反響をご紹介します。

1、自分の感じている介護とは違った、宅老所での弟の日常の様子を知ることができて安心しました。(茅野市在住、利用者家族)

2、70歳の認知症の息子を抱え、宅老所と共に支える96歳の母モトメさんの印象が強かった。(職場説明会スタッフ)

3、私の所ではその日迎えに行って、お風呂に入れてと言ったマニュアルに沿った介護になってしまっているので、一人一人のふれ合いの密度の濃さを感じ、またうらやましくも感じた。(デイサービス介護士)

4、母がお世話になっているが、いつも寄り添っていただいて居場所になっている。テレビを見たことでより安心していられるようになった。(利用者家族)

5、実際に認知症の人を見たことがなく、このような様子を目の当たりにして皆さんの様子を知ることができた。認知症の方にとっては安心の場が大事なんだということと、家族の方もとてもつらいが、このようなところがあって、向き合いながらやっているのかと思い、とても勉強させてもらいました。(市介護福祉課、職員)

6、自身介護のために実家に戻ってきたものの、その当時は親にかなりひどいことをしてしまったと思う。近所や兄弟の目もあってなかなか言えずに苦しんだ。早くこのようなところを知っていればなあと思った。(地域の方)

放送を視聴された方のご感想お待ちしています。
下記グループもみじのメールアドレスまで
momiji@group-momiji.com

【お知らせ】
 再びグループもみじのケアがテレビで放送されます

グループもみじ認知症ケアの番組が、日本テレビで下記の日程で放送されます。ぜひご視聴下さい

日本テレビ NNNドキュメント(ドキュメント番組)
日  時  2018年1月7日(日)~1月8日(月)午前0時~2時の間
タイトル  未定

【NEW!】グループもみじ法人会誌第56号発行

梅雨明け間近の暑~い毎日。
皆さまいかがお過ごしですか?

グループもみじ法人会誌56号をお届けいたします!
季節を感じる宅老所の日々や、介護職員の手記、もみ爺のコラムなど
もみじらしさを詰め込んだ内容です。

涼しいお部屋で、ちょっと一息のお供に、
もみじ会誌ご覧ください♪

グループもみじ法人会誌第56号

momiji56

【お知らせ】グループもみじ職員募集中です。

グループもみじの事業所(長野市二か所・松本市二か所)では
看護・介護スタッフを募集しています(正社員・パート)

宅老所という少人数で個別ケアが充実した環境です。
心を落ち着いて通わせる事のできるそんな場所で
自分の成長も感じながらじっくりお仕事してみませんか?

【長野地域】
宅老所みんなのあもり(長野市安茂里)1

宅老所さくら(長野市吉田)
2

◆おしごとながの(外部サイト)に求人情報掲載中

【松本地域】
小規模ケアホーム夕やけ小やけ(松本市並柳)
3

宅幼老所夢いちもんめ(松本市庄内)
4

◆ヒューマンウェブ(外部サイト)に求人情報掲載中

ご不明な点はお気軽に事務局までお問い合わせください。

事務局 026-227-4425(担当:山崎)

【テレビ放送】105歳心で愛でるサクラ《宅老所さくら》

満開の桜も終わりを告げ、「次は紫陽花が楽しみね」と言いながら気持ちの良い風を受けて元気に宅老所の皆さんお散歩をしています。

先週金曜日は、テレビ信州さんの「報道ゲンバFace」の中の特集で、長年グループもみじの宅老所へ通って下さっている、御年105歳のマキコさんが紹介されました。

「104歳のマキコさん。故郷小諸で弟さんと街歩き」が掲載されたグループもみじ法人会誌54号はこちら
54momiji

「桜の咲く信州(くに)で2017」と題されたシリーズの第二弾として、明治・大正・昭和・平成と4つの時代を生き抜き今年105回目のお花見(桜)を愛でるマキコさんの力強く、凛としたお姿が画面から伝わってきます。

亡きご主人とのエピソードでは、少女のように照れながら投げキッスをする可愛らしい姿も映しだされました。

放送の中では、グループもみじ代表田中のこんな言葉もありました。
「認知症の方にとって今この瞬間がその人の全て。今が一年先にあるのか保証はありません。だから私たちはその今を最大限一緒になって共有する」

そばにいてもまだまだ知らずにいた事、見えていなかった事、感じとれていなかった事沢山あると思います。今という瞬間に心を寄せて、共に過ごすことを感謝し楽しめる。
そんなグループもみじの宅老所でありたいと思っています。

■マキコさんも通う宅老所さくら(長野市吉田)ってどんな場所。宅老所さくらの様子がよく分かるパンフレットはこちら

グループもみじでは、これまでの認知症の方へのケアと実践を通じて生まれたたくさんのエピソードを交えた、認知症の方への理解と関わり方を学べる研修や講演会を企画、講師の派遣も行っています。
■過去の講演会・研修の様子。参加者の方の声掲載中。詳しくは法人事務局へお問い合わせください。

【告知♪】テレビで「宅老所さくら」が紹介されます!

桜をテーマにした特集の中で、宅老所さくら(認知症対応型通所介護)が紹介されます。皆さまお見逃しなく!

テレビ信州「報道ゲンバFace」
4月21日(金)よる6:15~7:00
※番組内にて紹介予定

宅老所さくらってどんなとこ?(宅老所さくらの様子がよくわかる会誌さくらだよりがご覧いただけます。さくらの日常やお出かけの様子、食事など)

IMG_4588
こちらは宅老所みんなのあもり近くの裾花川の土手沿いの濃いピンク色の枝垂桜。
(撮影4月17日)

【NEW!】グループもみじ法人会誌第55号発行

ようやく長野市の桜も満開に咲いています。
青空とピンクの桜が心にスッと風を吹かせてくれます。

IMG_4574
(宅老所みんなのあもり横の差出公園:4月17日)

グループもみじ法人会誌第55号発行しました。(もみじの宅老所の様子をたっぷりご紹介~認知症の方への接し方も自然とわかる)

houjinnkaishi55

・新連載宅老所の一年どんな感じ?
・もみじ職員の手記
・介護コラム など盛りだくさん。

認知症の方との日々が、特別なものではなく
何気ないやさしさあふれる日常として感じていただけると思います。
どうぞご覧ください。

グループもみじ法人会誌バックナンバーはこちらから。宅老所での認知症ケアとは。必要な時に必要なことをするために私たちの取り組み。

【募集】グループもみじ働く仲間募集中です。

看護師さん介護士さん、また介護のおしごと未経験者の方も大丈夫。

求人の詳細はこちら
グループもみじ求人情報(おしごとながの)外部サイト

ご不明な点はお気軽に事務局までお問い合わせください。

事務局 026-227-4425(担当:山崎)

テレビを通じて伝わる宅老所の姿

四月。新年度のスタートです。
皆さん何か変化はありますか?

子供の頃は、学年が変わったり、学校が変わったり、新年度は
ドキドキ、わくわくのスタートでしたが大人になると変わらぬ日常の延長だわ…と。
ちょっぴりフレッシュな頃が懐かしく感じます。

先週はテレビ信州さんのニュース番組「報道ゲンバFace」
の中で宅老所の様子を放映して頂きました。

ご協力頂いたお年寄りのみなさま、ご家族様ありがとうございました。
テレビ局スタッフのみなさまもありがとうございます。

宅老所みんなのあもりが生まれて17年。変わらぬ佇まい。今も繋がる人と人。そして自然体で変わらぬお年寄りとの日常。

これからも宅老所への愛情と共にグループもみじ進んでまいります。