メディアから見た 《宅老所の人びと》

去る10月28日(土)テレビ信州にてグループもみじの認知症のケア「宅老所の人びと~認知症と共に生きる~」
が紹介されました。テレビ信州がグループもみじの取材をはじめて
約1年になりますが、その集大成として、宅老所みんなのあもり、宅老所さくら、夕やけ小やけ、それぞれの日常と一人一人への向き合い方を通して認知症の人の真実を紹介しています。
番組の中で田中理事長が、
認知症人々は「今」がすべて、だからこそ「今」そのときを最大限に生きるための手助けをしていきたい。そして、「あなたの最期を見届けたい」と、マキ子さんにも語っています。

ご協力いただきましたみなさま、ありがとうございました。

宅老所みんなのあもり
12 11

宅老所さくら
13 4

夕やけ小やけ
15

そのテレビを見ての反響をご紹介します。

1、自分の感じている介護とは違った、宅老所での弟の日常の様子を知ることができて安心しました。(茅野市在住、利用者家族)

2、70歳の認知症の息子を抱え、宅老所と共に支える96歳の母モトメさんの印象が強かった。(職場説明会スタッフ)

3、私の所ではその日迎えに行って、お風呂に入れてと言ったマニュアルに沿った介護になってしまっているので、一人一人のふれ合いの密度の濃さを感じ、またうらやましくも感じた。(デイサービス介護士)

4、母がお世話になっているが、いつも寄り添っていただいて居場所になっている。テレビを見たことでより安心していられるようになった。(利用者家族)

5、実際に認知症の人を見たことがなく、このような様子を目の当たりにして皆さんの様子を知ることができた。認知症の方にとっては安心の場が大事なんだということと、家族の方もとてもつらいが、このようなところがあって、向き合いながらやっているのかと思い、とても勉強させてもらいました。(市介護福祉課、職員)

6、自身介護のために実家に戻ってきたものの、その当時は親にかなりひどいことをしてしまったと思う。近所や兄弟の目もあってなかなか言えずに苦しんだ。早くこのようなところを知っていればなあと思った。(地域の方)

放送を視聴された方のご感想お待ちしています。
下記グループもみじのメールアドレスまで
momiji@group-momiji.com

【お知らせ】
 再びグループもみじのケアがテレビで放送されます

グループもみじ認知症ケアの番組が、日本テレビで下記の日程で放送されます。ぜひご視聴下さい

日本テレビ NNNドキュメント(ドキュメント番組)
日  時  2018年1月7日(日)~1月8日(月)午前0時~2時の間
タイトル  未定