認知症の人と共に生きるケア講座 穂高教室

8月27日(土)~28日(日) 穂高公民館にて 認知症の人と共に生きるケア講座 穂高教室を開催し、14名の方にご参加いただきました。ありがとうございます。日頃、介護に携わる職業の方々にお集まり頂き、その眼差しは真剣そのもの。講話のなかでは、笑いあり、涙することもあり、時には「お年寄りとは?」の質問に深く考えたり・・・。また、ロールプレイではお互いに膝と膝とが触れ合いそうな距離で褒め合う体験をしました。「普段褒められ慣れていないので、こそばゆい感じがした。」との感想も。お陰で、知らない者同士のよそよそしい間柄から昔から知っているような親しい間柄へと変化し、その後のグループワークでは介護の現場にて悩んでいる、「入浴を拒否するお年寄りへの上手な対応、お年寄りとのより良い関係の築き方」などに会話が弾んだようです。
最後に、「わたしのおばあちゃん」の絵本の朗読があり、詩歌「手紙」と共に受講された方の心に優しく届いたのではないかと思います。このブログをご覧の皆様、ぜひ一度講座をのぞいてみてはいかがでしょうか?お申込はホームページからも承ります。